県議会議員選挙が終わりました。

県議会議員選挙が終わりました。
このブログを読んで行動してくれた皆様ありがとうございました。m(__)m

非常に低い投票率でしたね。
38.35%というのは君津市では過去最低の投票率ではないでしょうか。
いよいよ投票を権利から義務として考える時期に来ているのかもしれません。
ブラジルでは投票に行かないと運転免許が取れないなど公共サービスを受けるのに支障が出ます。
投票という義務を果たさないと権利を行使できない仕組みになっているのです。

有効投票数は合計 27,035 票でした。

川名ひろあき 11,910 票
平田えつ子   9,691 票
船田けんじ   5,434 票

投票結果・開票結果はこちらから。

結果から改めてわかったことが2つ。
・非自民系は割れたら1議席獲得も危うい。
・非自民系が割れてない状態では自民系で2議席は取れない。
そして新たな見方として、
・もっと投票率が落ちると公明党の独自候補でも当選可能性が出て来る。

選挙は「たられば」を言い出したらきりがありません。
「〇〇が出ていれば~」と考えるのは意味がありません。
当選されたお二人には県議としておおいに活躍していただきたいと思います。 

カテゴリー: 選挙 パーマリンク