「ボーリング調査」を求める請願が県議会で採択されました。

遅くなってすいません。
前回のブログで書いた請願書、なんと全会一致で採択されました!
千葉県議会のページ。
地元の人たちの熱心な活動の結果だと思います。
大きな一歩となりました。

この事業者は過去に八王子で処分場を計画、地元の反対があって建設に至らなかったことがあります。
請願が全会一致で採択されたことを受け、県の判断はどうなるでしょうか。

先日、処分場の関係で県議会に傍聴に行きました。
質問者の女性議員が登壇すると、自民党議員から「〇〇先生、きれいだよ!」というヤジが。
・・・びっくりしました。
これだけマスコミでセクハラ問題が騒がれているご時世に、容姿に関するヤジを言えるとは…。
女性の答弁者(執行部)が登壇したときもごにょごにょとヤジが。
SNSに流れたら…とかいう危機意識がないところもすごい。
質問中に出歩いたり、退出したり、私語したり、ちょっと驚きました。

なぜか?
例えば市議会なら他の議員の質問を聞きに来てる方も市民であり、同じ選挙区です。
しかし県議だと、君津市選出の県議の質問を聞きに来ているのは、ほぼ君津市民であり、他の市から選出されている県議にしてみれば選挙区外の人となります。
心のゆるみが出るのでしょう。

県議会より君津市議会のほうがまともだな。と思った一日でした。

カテゴリー: 市内の産業廃棄物最終処分場, 議会・議員のこと パーマリンク