消えた公文書の謎。その1

公文書問題といえば森友学園を思い浮かべる人も多いと思います。
政治の力によって行政がゆがめられ、正義感ある公務員が無理やりに信念を折られるというのは許しがたい行為です。

国政で起ることは地方政治でも起りえます。
以前、ある工事の「検査調書」を開示請求しました。
「検査調書」とは市の職員が公共工事の検査を行って記入するもので、工事の良し悪しや出来高歩合を記入するもので、工事が完了すると出来高歩合100%の検査調書が発行され、それをもとに支払いが行われる重要な書類です。

私が開示請求した検査調書は「存在しない」という理由で開示請求を拒否されました。
私は過去にその検査調書を見たことがあるのでそんなはずはない、と思いながらもその後手詰まりとなり、「幻の検査調書」となったまま数年が過ぎてしまいました。

先日、別件で「君津市行政文書管理規則」と「君津市行政文書管理規程」を全部読みこんでいたところ、行政文書を廃棄するには「廃棄文書目録」を作成しなければならない、という点に気が付きました。

そこで「廃棄文書目録」に幻の検査調書が載っているかどうかを開示請求しました。
私としては、詰みの一手だと確信しました。
廃棄文書目録にあれば保存期間内であるにもかかわらず廃棄したことが確定する
廃棄文書目録になければ違法に破棄したか隠ぺいしているということになる。
いずれにしろ不適切な公文書の取り扱いをしたことが判明するはず。

で、出てきた答えは、

取り消し?という事をしたため廃棄文書目録にもなく、保存もしてないという答え。。

しかし行政文書管理規則にも行政文書管理規定にも行政文書の「取り消し」という手法には記述がなく、謎すぎます。
そこで12月5日の議会一般質問において、公文書の取消しとはどのような場合にどのような規則で行われるのか聞いてみたいと思います。

つづく

カテゴリー: 02.情報公開 | 消えた公文書の謎。その1 はコメントを受け付けていません

令和4年12月一般質問の通告をしました。

12月議会の一般質問通告を出しました。
私の質問は12月5日14時~14時45分です。
長文になりますが紹介させていただきます。

大綱1 公用車のカーシェアリング導入について
細目1 現状の課題について
 本市では200台を超える公用車を保有していますが、その管理運用には多額の予算と労力をかけています。
そこで現状の課題について3点伺います。
1 公用車の整備費など維持管理に年間いくらの費用がかかっているのか伺います。
2 車検切れの車の使用など過去10年にどのような管理上の不手際があったか伺います。
3 公用車の稼働率はどの程度なのか伺います。

細目2 カーシェアリング導入のメリットについて
 大阪府箕面市では「市民と市役所のカーシェアリング」と題し、市はカーシェアリング事業者の法人会員となり、公用車の管理経費削減と環境負荷の軽減に取り組んでいます。
 東京都狛江市でも、狛江市役所本庁舎駐車場において公用車利用を前提とした民間会社のカーシェアリングサービスを導入しています。
 本市でも導入に向け検討すべきと考えますが、導入のメリットについて見解を伺います。

大綱2 修学旅行(宿泊学習等)の無償化について
細目1 現状の課題について
 宿泊学習等は文科省の教育課程として位置づけられていますが、公費ではなく保護者負担金で実施しているため様々な問題点が生じています。
これらの問題を解消する時期に来ていると思いますが、現状の問題点について3点伺います。
1 修学旅行の保護者負担金について、最も高い学校と最も低い学校の金額を伺います。あわせて、修学旅行・宿泊学習の費用の総額を伺います。
2 市内の中学校の宿泊学習で起きた食中毒のその後について伺います。関連して、質の確保という観点から、競争入札であれば最低制限価格を設けることができますが、現状はどうなっているのか伺います。
3 公務員である学校長が個人名で旅行代理店と契約することにコンプライアンス上の問題はないのか伺います。

細目2 修学旅行等を無償化することによるメリットについて
 子どもたちや保護者、また教育現場で働く人のためにも宿泊学習等は公費で負担し、競争入札により公平性と質の確保をすべきと考えます。公費負担による無償化がもたらすメリットについて市の見解を伺います。

大綱3 公文書の適切な管理について
細目1 公文書の取消しについて
公文書の取消しとはどのような場合にどのような規則で行われるのか伺います。

大綱4 予算編成における歳入の考え方について
細目1 公共施設整備のための確実な歳入の確保について  
 老朽化した公共施設の更新費用の確保は本市にとって最大の課題であることは共通の認識であると思います。この費用を捻出するためには、施設の売却・賃貸で得た収入や電気代を削減した金額など、施設の管理運用に関連して得た金額を確実に施設のために使えるように見える化させるべきだと思いますが、見解を伺います。

大綱5 君津駅周辺の空洞化と対策について
細目1 君津駅周辺の現状と今後予定されている大型施設の撤退について
 君津駅周辺のホテルや大型施設の撤退が目につくようになり、空洞化が進んでいるように思えます。
商業施設等の現状と今後の動向について、また市の対策について伺います。

以上が今回の質問です。
君津市議会ホームページから見ることもできます。
君津市議会ホームページはこちら

カテゴリー: 08.一般質問 | 令和4年12月一般質問の通告をしました。 はコメントを受け付けていません

修学旅行の無償化はしなければいけないこと。

一般質問の通告締め切りが18日とせまってきました。
忙しさを理由に質問しなかったら義父にも怒られそうなのできちんと質問したいと思います。

今回の質問では学校で行う宿泊学習(いわゆる修学旅行など)の無償化について提案してみたいと思います。

先月、君津市内の中学校で宿泊学習を実施した際、生徒35人が食中毒になるという事がありました。
その後患者は快方に向かっているという報告を受けています。

この件については当然、医療費の賠償や費用の返金などの問題が出てきます。
公費ではなく保護者の負担金で実施しているため、学校長と旅行代理店の話し合いとなり、君津市教育委員会は当事者とはなりません。
これでいいのだろうか?という疑問がわきます。

宿泊学習が公費で実施されていないことで様々な問題点が生まれています。
・何か問題があっても教育委員会が当事者ではないため組織的な対応が十分でない。
・そもそも公務員である学校長が個人名で契約を結ぶことがコンプライアンス的に問題はないのか?
・保護者負担金を払えない(または払わない)家庭の子どもは行けない。
・義務教育の一環であるなら無償が当然。
・子どもの数が少ない学校ほど一人当たりの負担は大きくなるのではないか。
・業者選定が入札でないため公正性や質の確保に疑念が生まれる。
などがあります。

これらの事は宿泊学習を公費負担にして、君津市教育委員会が入札により業者選定を行うことで解決できます。
実際に京都府の一部の小中学校では平成30年から修学旅行費の無償化を実施しています。
相楽東部広域連合教育委員会 修学旅行費の無償化について

保護者にも子どもにもメリットがあり、学校現場も宿泊学習関連の事務作業が減るので楽になるはずです。
どのくらいの予算があれば実現できるのか、聞いていきたいと思います。

カテゴリー: 40.発注・入札, 60.教育 | 修学旅行の無償化はしなければいけないこと。 はコメントを受け付けていません

私事ですが。

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、義父 刈込發(かりこみすすむ)が永眠いたしました。
79歳でした。
刈込左官と言った方がわかる方もいらっしゃると思います。

頑固で仕事一筋、昭和の職人のイメージそのままのような人でした。
田植え時期には日の出前から苗を積み、稲刈り時期には日没後も籾すりをする、とにかくよく働く人でした。
まがったことが嫌いで情に厚く、人の世話をやくのが好きでした。

私の一般質問もよく聞きに来てくれて、議員としての活動も応援してくれていました。
昔の選挙の話が大好きで話し出すと止まりませんでした。
もう聞けないと思うと残念ですが、今後も義父が誇れるような議員として頑張っていきます。

生前義父がお世話になった皆様、心配してくれた皆様、大変ありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

大変恐縮ですが、コロナウイルス感染拡大防止等もあり、葬儀式は一日葬で親族のみの家族葬で行わせていただきます。
親族以外の会葬者・会社関係の皆様は、11月13日 9時~10時15分 での対面となります。
場所:十全社メモリアルホール君津 君津市泉312-1

↓田植え機の操作を教えてくれる義父。

カテゴリー: 18.わたくしごと | 私事ですが。 はコメントを受け付けていません

アクアラインマラソンの交通規制に注意!

市内各地で文化祭や多くのイベントが行われています。
コロナ禍で数年ぶりの開催となったせいかどこもにぎわっているようです。
イベントに参加した人のSNSを見ると羨ましいです。

子どもたちも公民館の文化祭に参加したり、地域のお祭りに参加してとても楽しそうです。
実行委員の方は準備から大変だったと思いますが、一人の親として感謝申し上げます。

私も参加したいところですが、今年は農作業に追われています。

日が落ちてもライトがあるので終わらない・・・。

明日はアクアラインマラソン。
交通規制を知らずに行ってしまうと大変なことになります。事前に調べておきましょう。
ちばアクアラインマラソン2022 交通規制のお知らせ

私は30キロ付近で給水所のボランティアをしています。
もし気づいたらお声掛けください!

カテゴリー: 22.行事 | アクアラインマラソンの交通規制に注意! はコメントを受け付けていません

木更津にはイオンが~ の要因と改善

11月になりました。
広報きみつ11月号と議会だより最新号が発行されました。
パソコンやスマホからも見ることができるのでよろしければぜひ。
【令和4年11月号】広報きみつ最新号を発行しました!

議会だより最新号はこちら

今回の議会だよりには私が9月議会でおこなった一般質問の一部も掲載されています。
議会だよりは45分間のやり取りの中の一部ですが、議会ホームページで動画が公開されています。

さて、木更津にはイオンが~コストコが~、という話をよく聞きます。
かなり以前にブログでも書きましたが、大店舗小売業が君津に出店しない要因の一つに企業誘致条例がありました。
2016年12月6日のブログ「ダイエー君津店解体と企業誘致」
(昔のブログは文面がとがっていますが若気の至りです)

企業誘致条例(正式名称は君津市企業立地促進条例)に関しては何度も何度も質問してきました。
その中から平成31年3月の質問通告を紹介します。

大綱3 企業誘致について
細目1 企業誘致条例の問題点について

 平成28年12月定例会、平成29年9月定例会の一般質問でも本市の企業誘致条例の改正を求めてきました。
企業が建物を新築することも、耐震化のための大規模改修なども資本を投下するという意味では同じことです。
誘致するだけでなく、「逃がさない」という観点から大規模改修なども対象とすべきと考えます。
また、小売業を対象としていないことも市民の考えとはかけ離れています。
市としては「小売業は君津市に進出してこなくていい」という考えなのでしょうか。
企業誘致条例を改めるべきと考えますが、見解を伺います。

議会ホームページからこの時のやり取りを読み返しましたが、われながらしつこい。答弁を引き出すまで何度も質問してます。
こういったやり取りこそ議会一般質問の本質だと思うのですが、議会だよりに掲載しきれません。
その点はいつも残念に思います。
お時間がありましたらぜひ議会動画や議事録をご覧ください。
中学校や高校での授業に議会質問動画を取り入れても面白いと思います。

その後、令和3年に君津市企業立地促進条例施行規則が改正され小売業も対象に加える改善がされました。
結果を出せると議員という仕事は面白いです。

カテゴリー: 06.議会だより, 08.一般質問, 69.企業誘致 | 木更津にはイオンが~ の要因と改善 はコメントを受け付けていません

公用車をカーシェアリングに。

選挙が終わり通常業務に戻りました。
今まで通り一つ一つの議案に是々非々(ぜぜひひ)で審議します。

今日は選挙中に気づいた道路の側溝のふた割れや消えてる標識を再度確認。
写真に撮って修繕の要望を出します。
また、12月議会に向けた調査も始めました。
12月議会の一般質問では公用車のカーシェアリングについて取り上げようと思います。

君津市は200台以上の公用車を所有しています。
置く場所や車検・管理などにかかる費用と労力は莫大なものがあります。
200台が常にフル稼働しているわけではないので、カーシェアリングでも対応できると思います。
市役所駐車場を使いカーシェアリングを導入すれば費用も抑えられ、管理も民間会社がしてくれます。
土日は市民も利用できるようにすれば利便性も上がり、収入にもなります。
かなりの行政コスト削減になると思うので、君津市でも導入できるように先進地の事例を調査して提言してみたいと思います。 
大阪府箕面市「市民と市役所のカーシェアリング」

 

カテゴリー: 38.行財政 | 公用車をカーシェアリングに。 はコメントを受け付けていません