県職員の贈収賄事件 その4

議会一般質問も今日で最終日、予算審査と常任委員会に向け多忙すぎる日々が続いています。

以前のブログ「県職員の贈収賄事件 その3」で最終と書きましたが、やはり二人目の逮捕となりましたので、その4として書かせていただきます。初めて読む方は今までの記事を読んでみてください。

県発注工事の贈収賄事件 その1 | すなが和良アルパカ日記 (sunaga-kazuyoshi.com)

県発注工事の贈収賄事件 その2 | すなが和良アルパカ日記 (sunaga-kazuyoshi.com)

県職員の贈収賄事件 その3(最終)「脱法的賄賂受け取りルート」 | すなが和良アルパカ日記 (sunaga-kazuyoshi.com)

そしておそらく2人では終わらないと思います。記事によるとこの職員は市町村道を担当する係長級だということです。そうするとおそらく直接的には入札情報を知ることはできず、誰かを介して知りえた可能性があります。

ちなみに予定価格は決めた後封筒に入れ、封をして割印したあと厳重に保管されます。知りえる人は限定されます。

その辺はこれから警察の捜査があるでしょうが、徹底的な捜査を期待したいと思います。

行政のチェック機関である議会としても反省点はあります。

県議会では毎議会20人以上、年間100人近くが質問しますが入札制度に触れる人は極めて少ないです。

これは一言で言うと、「敵をつくる」からです。

現状で利益を上げている人がいるからには、改正には必ず反対の声が上がります。投票率が下がり相対的に組織票が影響力を増す中で、業界団体等を敵に回したくないという心理が議員に働きます。

そして、福祉や教育だけを取り上げてれば人気が取れてしまうという現状があります。

さらに教育や福祉は「こうすべき」という想いだけ質問を作れますが、入札を質問するには法律・制度に関する理解、膨大な資料の調査、悪さをする人のやり方、敵を作る覚悟などが必要となりハードルがあります。

その結果として地方議会で入札や契約等について深く追及する議員はほとんどいなくなり、このような事件が起きる一端となったかもしれません。

私は6月の一般質問では現状の入札制度について厳しく指摘したばかりですが、予算委員会でも取り上げます。

私の予算委員会での質問は3月5日(火)15:18~ 19分間ですが入札と契約について質問をしたいと思います。

ご興味がありましたらぜひ傍聴・ネット視聴をお願いいたします。

カテゴリー: 40.発注・入札 | タグ: , , | 県職員の贈収賄事件 その4 はコメントを受け付けていません

市内産業廃棄物最終処分場の改善工事が始まりました。

君津市内にある産業廃棄物最終処分場ですが、第一期処分場内に内部保有水が溜まり土堰堤から滲出するという状態が続いています。一般質問、常任委員会で毎回取り上げてきましたが、先日改善計画書が県に提出されました。

そして13日から改善工事が始まりました。

今まで全く動きがなかったのがなぜここにきて急に動き出したのか?私は10月の常任委員会で改善命令発出を求める質問がカギになったのではないかと考えています。

昨年10月の環境生活警察常任委員会の議事録が公開されました。要約すると、

須永  君津市の産業廃棄物最終処分場に関してですが、現在も内部保有水が出ているのでしょうか、確認します。

説明者 現在ものり尻から内部保有水が流出していると考えております。

須永  行政指導ではなく、改善命令という行政処分に切り替えるべきではないか。

説明者 現在、法の違反状態ではないので、行政指導でもって改善を指導している。

須永  今、法の違反状態ではないという答弁でしたが、埋立地から内部保有水が出ている時点で法の違反状態だと思うんですが、埋立地から内部保有水が出ているのに違反ではないとする根拠の条文を教えてください。

説明者 保有水がしみ出ていますが、これは内部にとどまっておりまして、法律の根拠ということですが、最終処分場の技術上の基準とか、構造の基準とか、維持管理基準等において違反がないということです。

須永  内部にとどまってるというのはどういうことでしょうか。埋立地から出ているんですけど、既に出ているので内部にはとどまっていないと思います。

説明者 保有水につきましては、埋立地の遮水工を設置している土地の範囲の埋立地の内部、その中ににじみ出ており、その内部に設置された集水管等で補修しまして集水しまして、浸出水処理施設を経て放流されておりますので、外部への流出ということには当たりません。

須永  今、外部の流出には当たらないということですが、外部に流出したら違法ですというのがどこの条文に書いてあるんでしょうか。(←知ってて聞いてます)

説明者 細かい条文、かなりになっちゃいますけど、廃棄物処理法の構造基準や維持管理基準の条文、この関連が全て関連すると思われます。

須永  今のやり取りは私と執行部さんとの見解の違いのようですが、見解の違いではなくて明らかに意図的に見逃してると。あるいは妄想なのか、あるいは虚偽の答弁をしてると思います。
 なぜなら、外部という言葉は、この産業廃棄物のいわゆる環境省令の技術上の基準を定める省令には出てきません。環境省令の技術上の基準を定める省令第1条の5項なんですけども、そこには「埋立地からの浸出を防止するため」とあります。埋立地からの浸出を防止するためなので、保有水等は埋立地からの浸出を防止するために遮水工をしなさいと書いてあるんです。つまり埋立地から、土堰堤からしみ出ている時点で明らかにこの省令に対して違反だと思うんですが、どうでしょうか。

というようなやり取りがありました。詳細は10月2日の環境生活警察常任委員会議事録をお読みください。

千葉県議会 会議録検索システム (gijiroku.com)

ここからはちょっと細かい話になります。

県が根拠とした「一般廃棄物の最終処分場及び産業廃棄物の最終処分場に係る技術上の基準を定める省令」には下記のように書いてあります。

埋立地(地下の全面に厚さが五メートル以上であり、かつ、透水係数が毎秒百ナノメートル(岩盤にあつては、ルジオン値が一)以下である地層又はこれと同等以上の遮水の効力を有する地層(以下「不透水性地層」という。)があるものを除く。以下イにおいて同じ。)には、一般廃棄物の投入のための開口部及びニに規定する保有水等集排水設備の部分を除き、一般廃棄物の保有水及び雨水等(以下「保有水等」という。)の埋立地からの浸出を防止するため、次の要件を備えた遮水工又はこれと同等以上の遮水の効力を有する遮水工を設けること。

私は法のプロではありませんが、この条文を何度読んでも、埋立地から漏れても事業地から漏れなければオッケーとは書いてないと思います。 

さらに2月9日の民事訴訟を傍聴に行ったのですが、事業者側の弁護士さんも「漏洩はしているが流出はしていない」「土堰堤から漏洩していることは争わない」と言っていました。

条文と漏洩している現状を照らし合わせれば、明らかに違法状態であり、県は速やかな改善命令発出をすべきです。次に質問した時はおそらく、「すでに改善工事に着工しているので発出しない」と言いそうです。

カテゴリー: 44.市内の産業廃棄物最終処分場 | タグ: , , | 市内産業廃棄物最終処分場の改善工事が始まりました。 はコメントを受け付けていません

教育分野の新年度予算。

千葉県の新年度予算が公表されましたが、教育分野は時に手厚いという印象を受けました。

熊谷知事のメールマガジンを元に、主な教育分野の予算について紹介したいと思います。

○ 深刻な教員不足の解消を図るため、教員採用者への奨学金返還支援を緊急的に実施するほか、教員志願者に訴求力の高い採用プロモーションや千葉大学教育学部と共同で抜本的な教員確保策を検討するモデル事業に引き続き取り組みます。

※奨学金返還緊急支援事業は新規事業で3670万円が予算化されました。

○ 理数教育や技能教科の指導の充実を図るため、県独自の専科教員等の配置を公立小学校160校に拡充するとともに、高校において、新たに外部人材により理数の魅力・楽しさを伝えるSTEAM教育に取り組みます。

※「STEAM教育」 Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学・ものづくり)、Art(芸術・リベラルアーツ)、Mathematics(数学)の5つの単語の頭文字を組み合わせた造語で、「スティーム」と読みます。「自分で考えて学ぶ力」を養成することが目的で、自分の力で創造する力を育むことをいいます。

○ いじめ・不登校の防止、早期発見、解決のため、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーの配置を拡充するなど、相談体制の強化を図ります。これらの配置数は関東近県ではトップクラスです。

※新規で「いじめ重大事態対策強化事業」658万円が予算化されました。

○ 教員の長時間勤務を改善するため、スクール・サポート・スタッフを増員 し、全公立小中学校に配置します。また、公立小中学校等において副校長・ 教頭の負担軽減を図る業務支援員を新たに配置するとともに、ICT化や業務 改善を支援する専門人材をモデル的に配置します。

※新規事業として「副校長・教頭マネジメント支援員の配置」1億3130万円が予算化されました。教頭先生などの多忙すぎる現状を改善するためですね。

○ 児童生徒の学力向上を図るため、新たに授業力の高い教員の授業映像を活用した若手教員の授業力向上に取り組むとともに、塾講師を活用して小中学校において授業補助と補習を行うモデル事業を実施します。

※「塾講師を活用した学習支援モデル事業」はまだモデル事業なので県内10校に配置です。

○ 学校における実践的なキャリア教育を推進するため、県立高校でモデル的に実施しているキャリアデザインを学ぶプログラムの対象を中学校にも拡大します。

○ 生涯にわたり必要な知識を学び直すリカレント教育を推進し、社会に求められる産業人材の育成につなげるため、オンラインによるスキルアップの 相談支援等を行う「学びの総合窓口」を新たに開設します。

※リカレント教育とは、学校教育を終えた社会人が、その後も生涯にわたって学び続け、就労と学習のサイクルを繰り返していくことを指します

○ 不登校児童生徒の多様な学びの場の充実を図るため、オンラインによる双方向型の授業を行うとともに、学校とフリースクールの連携協力体制の構築に向けたモデル事業を実施します。

※「不登校児童生徒の教育機会確保事業」は新規事業として932万円が予算化されました

○ 特別支援学校の過密解消を図るため、整備計画に基づき新設校の設置に向けた改修工事等を行います。

君津市内の旧上総高校を特別支援学校の中・高等部として活用するため、新年度予算には実施設計費1億3770万円が計上されました!開校時期は令和9年度予定です。

○ 障害のある生徒等が安心して学校生活を送ることができる環境づくりを推進するため、県立高校のエレベーター設置について県の施工からリース方式に改め整備を加速させます。

○私学教育の振興と保護者負担の軽減を図るため、引き続き私立学校の経常的経費に助成するとともに、電気料金の軽減や二酸化炭素排出量の削減を図るため、LED照明の導入支援を新たに実施します。

以上が主な教育分野の予算の概要です。予算委員会の委員となりましたので詳細を聞き取って慎重審議をしていこうと思います。

カテゴリー: 60.教育 | タグ: , , | 教育分野の新年度予算。 はコメントを受け付けていません

政党支部の数を比べてみたら…

国会では代表質問がおこなわれ、裏金問題について追及が続いています。

テレビ朝日のモーニングショーに出ていた前明石市長の泉房穂さんと田崎史郎さんのやり取りが話題になっていますが、「政党支部の数」に言及している人がいないようなので調べてみました。

各都道府県がホームページで公表している政治資金収支報告書の令和4年度定期公表分から、1都3県の政党別の政党支部の数を調べてみました。

東京の自民党支部の数は500以上なのですが多すぎて数えるのに心が折れました…。なので500でグラフ化してあります。

いかに自民党だけ突出して支部の数が多いかわかると思います。

一都三県政党別政党支部の数

マネーロンダリングのためにペーパーカンパニーを作るのと同様で迂回献金ルートのために政党支部が必要なのです。

そして多くの場合が議員Aの○○後援会と議員Aが代表を務める△△支部は会計責任者が同一人物です。そうすることによって書面上でのつじつまを合わせることが簡単にできます。

政治資金規正法の改正では、政党支部の数に上限規制を盛り込まなければ脱法行為はなくなりません。

※(1月17日のブログ参照)県職員の贈収賄事件 その3(最終)「脱法的賄賂受け取りルート」 | すなが和良アルパカ日記 (sunaga-kazuyoshi.com)

カテゴリー: 23.国政 | タグ: , , , , | 政党支部の数を比べてみたら… はコメントを受け付けていません

令和6年度予算案の説明

今日は執行部から令和6年度の新年度予算案に関する説明を受けました。

予算案の内容は私がいる千葉政策議員団の代表、水野ゆうき議員のブログの方が読みやすいと思いますので是非ご一読ください。

千葉県、令和6年度新年度予算案説明【注目施策&公約達成施策】 | 水野ゆうき オフィシャルブログ 「水野ゆうきのゆう can change!!」 powered by Ameba (ameblo.jp)

私が要望していた予算や会派で要望した予算も反映されていました!

要望していた住宅用太陽光発電設備への補助事業も復活、市議会で取り上げてきた「田んぼダム」にも補助事業が盛り込まれました。

田んぼダムとは? | すなが和良アルパカ日記 (sunaga-kazuyoshi.com)(2020年9月のブログ)

自転車乗車時のヘルメット着用率向上のため、ヘルメット購入に対する補助事業も入っています。

また、「いじめ重大事態対策強化事業」として、専門人材が新たに配置されることになりました。これは9月の会派代表質問で私たちが問題提起した成果です。

違法な盛り土に対しては「不適正埋め立て監視事業」が新規施策として3千万円予算計上されました。

スクールサポートスタッフは全小中学校に配置されるなど、千葉政策議員団の提言が多く具体化した予算案だと思います。

その他道路や建設関係の予算に関しても詳細を担当課に聞き取り今後ご紹介したいと思います。

当初予算案については千葉県ホームページから見ることができます。

令和6年度当初予算案について/千葉県 (chiba.lg.jp)

カテゴリー: 38.行財政 | タグ: , , | 令和6年度予算案の説明 はコメントを受け付けていません

地方議員は「選挙区外」なら寄付できます。

千葉県議会では、地震により被害を受けられた石川県に対し、千葉県議会議員団として議員全員の拠出により、見舞金(100万円)を贈呈いたしました。

被災地のボラセンではまだ県外のボランティアを受け付けていません。

山本太郎さんが話題になっていましたが、被災地に行くなら飲食・排泄・燃料などを完全自己完結できるならいいと思います。被災地で邪魔にならないというのが守れればいいと思います。

2024能登半島地震 – 2023台風13号特設ページ (saigaivc.com)

今は寄付をするのもいいと思います。

「議員って寄付できるの?」と聞かれますが、
議員の寄付が禁止されているのは選挙区内だけです。
被災地以外の地方議員は被災地に寄付できます。

そしてほとんどの自治体が12月議会で議員の期末手当増額議案を可決しています。賛成した議員も反対した議員も今こそ寄付するべきです!
やらない善意よりやる偽善!売名だとか言われてもやることが大事です、地方議員の皆さん、ぜひ寄付しましょう!

私は被災地でお風呂を開設しているNPO法人Vネットさんに寄付をしました。

NPO法人Vネット (hida-ch.com)

カテゴリー: 12.議員, 未分類 | タグ: , , | 地方議員は「選挙区外」なら寄付できます。 はコメントを受け付けていません

活動報告を発行しました。

今朝の新聞に活動報告が折り込まれています。限られた紙面で全部はかけていませんがぜひ読んでみてください。

事務所までご連絡いただければ郵送も致します。また店舗・会社等で置いていただける方がいましたらお届いたします。

カテゴリー: 02.情報公開, 04.広報 | タグ: , , | 活動報告を発行しました。 はコメントを受け付けていません