令和元年第二回定例会が始まります。その2

その1に続いて質問通告を紹介いたします。

大綱2 交通事故の防止について

細目1 交通弱者の移動手段について
全国で痛ましい交通事故が報道されています。
特に高齢者ドライバーによる事故は社会問題となっています。
公共交通を整備することは利便性の向上だけでなく、事故を未然に防ぐという一面もあると思います。
交通弱者の移動手段についてどのような対策を考えていますか、また近年の市内の高齢者ドライバーの事故件数の推移について伺います。

細目2 運転免許の返納について
先進地では免許返納の際の特典を、路線バス・コミュニティバス・デマンド交通・タクシー等の共通割引チケットにするなど、様々な工夫をしています。
東京都国分寺市、富山県黒部市では、返納すると市内バス等を無期限無料で乗車できる事業を実施しています。
また、灯油や日用品などの配達サービスを実施している自治体もあります。
本市も高齢者の免許返納を進めていく必要があると思いますが、見解と近年の免許返納者数の推移・返納した際の特典を伺います。

細目3 通学路の安全対策について
子どもが巻き込まれる痛ましい事故が後を絶ちません。
少しでも被害を軽減させるために通学路の交差点には車止めのポールを設置していくべきだと考えますが見解を伺います。

大綱3 治安の良いまちづくりについて

細目1 特殊詐欺の防止について
治安の良いまちをつくるための施策は年代・性別関係なくすべての市民にとってプラスになることです。
「治安の良いまちきみつ」というシティセールスは外から見ても魅力的であり、今住んでいる市民も誇りを持てる事です。
そこで、市で特殊詐欺を未然に防ぐために自動応答録音機能などを備えた「特殊詐欺対策電話機」や固定電話に外付けするタイプの「特殊詐欺撃退機」の購入費補助を提言いたしますが、見解と近年の被害件数・金額について伺います。

細目2 不審者情報の共有について
不審者を見たという情報は、学校・警察・教育委員会・市に最初の連絡があることが多く、その情報をどこかで誰かが重大事案でないと判断してしまえば、情報が共有されない場合があります。
この仕組みを見直し、すべての情報が共有され、さらに地図上でマッピングされ公開されることで、市民とも共有できるようにしたらどうかと思いますが、見解を伺います。

※質問通告書や議事日程、過去の質問動画などは君津市議会のホームページから見ることが出来ます。
君津市議会ホームページはこちら。
私の質問は6月6日(木)14:30~15:30です。
傍聴にきていただければありがたいです。

カテゴリー: 議会・議員のこと | 令和元年第二回定例会が始まります。その2 はコメントを受け付けていません。

令和元年第二回定例会がはじまります。その1

令和元年第二回定例会(通称6月議会)が6月3日から開会します。

私は6月6日(木)14:30~15:30まで一般質問に登壇します。
その質問通告書を紹介いたします。
長文なので何回かに分けて掲載いたします。

大綱1 市役所庁舎の建て替えについて

細目1 庁舎の現状について
防災科学研究所が公表しているデータによると、本市で今後30年以内に震度6弱の地震が起きる確率は、84.7%です。また千葉県の地震被害想定においては本庁舎が立地している場所は揺れやすさを表すSI増幅率が最上の「非常に揺れやすい」場所に色分けされています。
そのような状況の中で本庁舎は築42年が経過し、老朽化が進んでいます。
現在雨漏り等の破損個所はどこにどのようなものが何か所あるのか、また耐震性能と倒壊した場合の被害予測について伺います。

細目2 建て替えについて
「非常にゆれやすい」地面の上に築42年11階建てという高層の建物が建っている危険性を先送りし続けることは無責任だと思います。
本市の将来負担比率は県平均・国平均よりも低く、庁舎を建て替える財政的な力はあると思います。あいまいにしている間に災害がきてしまいます。
市役所庁舎の建て替えを提言いたしますが見解を伺います。

※以上が大綱1の質問です。
庁舎の建て替えというのは検討を始めてから完成するまでに5年~8年ぐらいかかってしまいます。
今の庁舎が築42年ですから、すぐに検討を始めても築50年になってしまうと考えられます。
以前から決断が必要な時期に来ているのですが先送りされてきました。

これには合併問題と選挙が絡んでいます。
君津市と木更津市との合併については推進派も反対派もいます。
庁舎を立て替える⇒合併する意思がないと思われる⇒合併推進の団体から選挙で支援してもらえない。
という市民・職員不在の理由で先送りされてきたと思います。

600人以上の身の安全が最優先です。
庁舎建て替えの問題は合併とは切り離して考えるべきです。
「建て替える」と決断し、場所・規模等の検討に入るべきだというのが私の考えです。
熊本地震で5つの自治体の庁舎が被災し、災害対応に遅れを生じたことを教訓とすべきだと思います。

平成  年熊本地震において本庁舎が被災した自治体の災害対応について ~宇土市役所の事例~

カテゴリー: 庁舎等の再整備, 東日本大震災, 議会・議員のこと | 令和元年第二回定例会がはじまります。その1 はコメントを受け付けていません。

チバニアン。

私事ですが、母親が脊柱管狭窄症で入院していたためお見舞いに行ってきました。
大事には至りませんでしたが、しばらくリハビリが必要なようです。
チバニアンを見たいと言っていたので良くなったら連れて行こうと思います。

で、なぜチバニアン?
チバニアンとは・・・
平成29年6月7日付けで、市原市田淵にある約77万年前の地層「千葉セクション」が地質時代の国際標準模式層断面及びポイント(GSSP)に認定されるよう、国内の研究グループから、国際地質科学連合(IUGS)の専門部会に提案申請書を提出されました。
GSSPとは、地質時代の境界が地球上で最も良く分かる地層のことで、これに認められることで、時代区分にその地名に由来する名前がつけられます。
千葉セクションがGSSPに認定されると、約77万年前から12万6千年前にかけての時代区分に対する名称として「チバニアン」(千葉時代の意)と命名されます。これは、国内初のGSSPとなり、また、地質時代の名称として初めて日本の地名が使われることとなります。(市原市公式ページより抜粋)
市原市観光協会のページ。チバニアンとは?

実にマニアックです。
私も知らなかったのですが母は群馬大学学芸学部で地学を専攻してたそうです。
高校理科の教員免許も取得していて、今でいう理系女子(リケジョ)だったようです。。

しかしそんなチバニアンがもめているようです。
反対派の教授が地権者から土地を借りてしまったようです。
NHKニュース「チバニアン」申請反対の研究者が土地の賃借権 千葉 市原
こんなことしていったい誰のためになるのか・・・・・・。

見学に行けるようになることを望みます。

※6月議会での私の一般質問は、6月6日(木)14:30~15:30の予定です。
お時間がありましたら是非傍聴にいらしてください。
君津市議会ホームページ、令和元年第二回定例会はこちら

カテゴリー: 未分類 | チバニアン。 はコメントを受け付けていません。

児童館。

先日、群馬県伊勢崎市に帰省した時に公園に遊びに行きました。
公園敷地内には「児童館」という建物がありました。

私も子供のころよく児童館で遊びました。
特に雨の日は決まって児童館に行き、室内で走り回っていました。
群馬県伊勢崎市では公園敷地内に児童館があり、学童保育の機能と様々な親子向けの行事をしています。
群馬県伊勢崎市ホームページ

君津にきてから「児童館」という名前をあまり聞かないので少し調べてみました。
児童福祉法に位置付けられた施設で厚生労働省所管だそうです。
しかも市町村立の児童館については設備や運営費に対して国庫補助制度があるようです!

これはぜひ君津にも!と思い千葉県の例を検索してみました。
すると八街市は今年から建設予定で「八街市公園前児童館建設計画」というものがあることが分かりました。
このような他の自治体の例をもっと調査し、君津市でも公園敷地内等に学童保育機能を持たせた児童館を建設したらどうかと思いました。

「君津は雨の日に行くところが無い」というのが子育て世代の悩みです。
子育てしやすい環境に改善していけるよう提案していきたいと思います。

※6月議会での私の一般質問は、6月6日(木)14:30~15:30の予定です。
お時間がありましたら是非傍聴にいらしてください。
詳細は君津市議会ホームページから見ることが出来ます。

カテゴリー: 教育・PTAについて | 児童館。 はコメントを受け付けていません。

全員協議会がおこなわれました。

6月3日に開会予定の令和元年6月定例議会にむけて議員全員協議会が行われました。
協議会といっても時間的余裕はなく実質的には報告を受けるだけの場です。

今日の案件はすでに君津市ホームページから見ることが出来ます。
議会全員協議会への報告案件はこちらから
この早い情報公開は素晴らしいと思います。

君津市の将来に重要な「第3次まちづくり実施計画」のほか、私たちの生活に身近な10月1日から始まるプレミアム付き商品券事業のスケジュール感や、小中学校の普通教室へのエアコン設置の進捗状況などを知ることが出来ます。
情報を自ら取りに行ける人にとっては市のホームページや議会のホームページ、ブログ等は有効です。
しかしそうでない人もいるので、知った人が知らない人に伝えるという事も大事になってきます。

そうなると行きつくところはやっぱり地域コミュニティ(=ご近所さんとのつながり)が大事になってきます。
地域コミュニティの代表格が「自治会」です。
しかし最近は自治会に入る人が減ってきています。
どうしたら入ってもらえるような自治会になるか、を考える必要があると思います。
これは昔からあるすべての組織に言えることかもしれません。

労力や時間をついやしても楽しければ気にならないのが人間です。
「楽しい自治会」「楽しいPTA」「楽しい〇〇」・・・

皆さんの所属している組織が楽しく活動できる組織であることを願ってます。

※たばこのルールが変わります!!
平成30年7月、受動喫煙防止対策の強化が盛り込まれた、改正健康増進法が成立しました。
飲食店等は屋内禁煙、学校・病院・行政機関は敷地内禁煙にする法律が施行されます。

6月20日、受動喫煙防止講演会があります。
受動喫煙防止講演会を開催します!詳細はこちら。

カテゴリー: 情報公開, 議会・議員のこと | 全員協議会がおこなわれました。 はコメントを受け付けていません。