(仮称)清和観光交流センター建設は止まるか?

「すながチャンネル」での清和観光交流センターの再生回数が200回を超えました!
見ていただいた皆様、本当にありがとうございます。

このままいけば、来年度予算に清和観光交流センターの建設費が計上されてしまいます。
建築工事・造園工事等で4億9000万円かかります。
「国の補助金ももらえるから…」という事を行政側の人は言いますが、市民からすれば国の補助金の原資も税金。
決して無駄に使って良いわけではありません。

房総スカイラインの無料化により、建設予定地に面した国道410号線は交通量が15%減。
逆に房総スカイラインは交通量40%の増です。
これだけ計画当初とは状況が変わってても、そのまま建設をしようとしています。

予算が無いという理由で、様々な事業が後回しになっています。
食物アレルギーを持つ子供たちに対応した学校給食共同調理場も建設凍結になりました。

周西幼稚園は耐震診断をしていないために、震度5弱で倒壊するのか、5強で倒壊するのか、6弱でも大丈夫なのか、全く専門家の判断がないまま園児を預かっています。
その耐震診断すら、「予算が・・・」といいます。

民間企業でも経営が苦しい時代です。
君津で35年間営業を続けてきたダイエーさんも来春で閉店するそうです。
ありがとうという思いもあり、しかし残念でもあります。

どう考えても、清和観光交流センターを新築するのは止めるべきだと思います。
他に予算を付けなければいけない事が山ほどあります。
建設後の維持費は次の世代への負の遺産になります。

清和観光交流センターの建設を凍結するよう、あらゆる手段を尽くしていきます。
読んでいただいたの皆さんも鈴木ひろくに市長に手紙を書いてください。

市長への手紙。出し方。

※10月6日、周西幼稚園の第4回意見交換会が行われます!
周西幼稚園第4回意見交換会の詳細

カテゴリー: (仮称)清和観光交流センター パーマリンク