国民民主と自由党が合流!?

国政っておそろしい。
裏で何がどう動いているのか訳がわからない。
と改めて思いました。
それが、国民民主党と自由党が合流するニュースです。
↓毎日新聞のニュースサイトより。
国民民主、自由合流へ 玉木代表と小沢共同代表が会談

以下、記事から一部抜粋。
国民民主党の玉木雄一郎代表と自由党の小沢一郎共同代表は22日、東京都内のホテルで会談し、両党を合流させる方針で一致した。今後、両党内で協議した上で最終決定する。
中略
無所属議員らの立憲加入が相次いだことを踏まえ、参院で主導権を取り戻すことで立憲への流入に歯止めをかける狙いがあるとみられる。
抜粋終わり。

小沢さんは消費税増税法案に絡んで民主党を離党し、民主党側も除籍までした経緯があるが、また国民民主と合流とは…。
民主党を離党後、「国民の生活が第一」から「日本未来の党」、「生活の党」、「生活の党と山本太郎となかまたち」、「自由党」そして「国民民主党+自由党」?
民主党も民主党+維新の党=民進党、民進党+希望の党=国民民主党、で今度は自由党と。
(たぶん。間違ってたらすいません)

これまでの経緯の中で振り回されてきた人たちはどう思うでしょう。
しかも、「立憲への流入に歯止め」って…、余計に立憲への流入が加速しそうな気がします。

参院選後には、自民・公明か立憲か共産かという選択肢になってしまいそうですね。
勢力争いをするほど国民は離れ、ひたむきに一生懸命やれば国民の支持を得て結果として勢力が広がるのだと思います。

無所属の市議で良かったと改めて感じたニュースでした。

カテゴリー: 国政について パーマリンク