男女共同参画推進懇話会がありました。

11月12日、君津市男女共同参画推進懇話会がありました。
今年度は新たな君津市男女共同参画計画を策定する年です。
この計画は男女共同参画社会基本法やDV防止法、女性活躍推進法を根拠として策定される、令和4年から令和8年までの5年間の計画です。

今回はこの懇話会の会長を私が務めさせていただいています。
今後この計画のたたき台を検討、素案を検討、そして最終案の審議へと移っていきます。
素案の段階でパブリックコメントの募集も行う予定です。

ジェンダー平等の社会的背景は大きく変わってきています。
もはや国が発展するためにはジェンダー平等は欠かせないと言っても過言ではありません。
性別を理由に「できるはずだ」「できっこない」としてしまう事は大きなチャンスロスです。
能力で判断してこそ本当の適材適所が実現するのだと思います。
適材適所が実現している会社と、性別を理由に能力を発揮できない会社、どちらが発展するかは明らかです。

君津市発展のためにも、誇れる男女共同参画計画を懇話会委員の皆さんと作っていきたいと思います。 

須永和良 について

君津市議会議員 45歳 東海大学卒 群馬県伊勢崎市生まれ 
カテゴリー: 03.市民対話 パーマリンク