ふるさと納税の返礼品を考えてみた。

先日、テレビでふるさと納税の特集をやっていました。
なんとなく見ていると、君津市のかずさ和牛工房「しらいし」のハンバーグが出てました!
あのハンバーグはめちゃくちゃおいしいので見てたらまた食べたくなりました。

市内在住の私がふるさと納税しても返礼品はもらえません。
だからと言って私が他市にふるさと納税して返礼品をもらうのは、君津市の税収が減ってしまうので議員としては自粛しています。
君津市は令和2年度、52,058件 5億6,525万6千円の寄附を全国からいただきました。
君津市の返礼品を一通り見ていたら、かなり体験型の返礼品も増えていて面白かったです。
亀山湖での貸しボートや、キャンプ場の宿泊、体験農園やゴルフ、サバイバルゲームなどなど

私からの提案ですが…
「鉄」も君津が誇る生産物です。
ルアー(超鏡面加工したメタルジグとか)やスキレットなど、鉄製品、特にレジャーやアウトドアで使う鉄製品をふるさと納税の返礼品としても面白いのではないでしょうか。
ブログを読んでくれている方に鉄工所の方いませんかね?
組み立て式のスチールラックのように、自分で組み立てられるスートボードのセクションとか商品開発したら、他にはないのでかなり人気が出ると思います。

市内在住の方も、君津市の返礼品を見て地元の特産品を再発見してみるのもいいかもしれません。
君津市のふるさと納税についてはこちらから

須永和良 について

君津市議会議員 45歳 東海大学卒 群馬県伊勢崎市生まれ 
カテゴリー: 19.私的なアイデア・意見, 39.納税 パーマリンク