内閣支持率低下でも…民進党が伸びるわけじゃない。

安倍内閣の支持率が低下したからって民進党が伸びるわけではないようです。
「森友」でも「加計」でも今の野党がやっていることは週刊誌の後追いをしているだけです。

市民はバカではありません。
「日本をどうしたいか?」より「政権を取りたい」というだけなのが透けて見えているのではないでしょうか。
単に権力欲から他を批判しているとしか見えません。

例えば、加計学園の問題であれば、、
・国会議員の一親等以内の親族は、国から補助金をもらっている公益法人の役員になれないようにする。
とか、
・公益法人は公のものであるから一族経営にならないように親族が役員になることを今以上に制限する。
とか、
そういう何か改善するための提案を出していかないから「批判だけ」に見えるのだと思います。

都議選の結果は小池さんの圧勝でした。
「期待票」と「自民党へのお仕置き票」の結果だと思いますが、民進党も自民党が減って喜んでいるのではなく、反省していかないと国政での存在感はなくなると思います。

今回の都議選の結果は公明党にとって最もプラスになったと思います。
総理が「自民党だけで戦ういい機会だ」と言っていました。
結果としては「公明党なしでは国政でも二の舞になるよ」というプレッシャーを与えることになりました。
国政における公明党の存在感が大きく増したのは間違いありません。

まとまりませんが、
権力の奪い合いではなく、より良い日本をつくるためにどうするか。
批判合戦より、提案・議論をしっかりしてほしいと思います。

※君津市議会公式ページはこちら。
議会の動画も公開されています。

カテゴリー: 国政について, 私的なアイデア・意見 パーマリンク