市役所庁舎の方向性

選挙で忙しく、8月議会の一般質問について報告してませんでした。

まず、庁舎の改修・耐震化についての質問。

7月29日のブログでも書きました。
君津市役所庁舎の耐震化について。
一般質問で取り上げたところ、
鉄筋がむき出しになっている外装の修繕費だけで7億5千万円かかるとの答えでした。
また、雨漏りや天井が抜けているところもあり、「いつまでに方向性を出すのか?」という問いに対して、「今年度中に検討委員会を立ち上げ、来年夏までに方向性を出す」という答えでした。

要望として、新築・大規模改修以外にも、保健福祉センター・生涯学習交流センター等の空き部屋活用や、コジマ電気さんあとの空き店舗・NTTビルの空き店舗など民間ビルの活用も含め、あらゆる角度で検討してほしいと加えました。

今日のニュースで、
ファミマとユニー、来月上旬に統合合意 「アピタ」など50店閉店
(産経新聞より)
とあり、ひょっとすると君津も…と心配になりました。

もしもその場合にはアピタさんを市役所にするという選択肢もありかも知れません。
で、今の庁舎のところに大学など誘致出来たらいいですね。図書館もあるし。(^^)v

カテゴリー: 庁舎等の再整備 パーマリンク