受信料払ってます。

参院選で議席を獲得した「NHKから国民を守る党」が話題です。
地方議員も入れると議員数は30人もいらっしゃるそうです。
千葉県内でも7人、先日の柏市議選でも当選したそうです。

個人的にはEテレ(NHK教育テレビ)に子育てを助けてもらったので、受信料の支払いが任意になったとしても払います。
カーナビやスマホまで受信料を払えと言われると納得はできません。
ですがワンイシュー(一つの論点)のみで議員になってどのような活動をしていくのでしょうか。

国会議員になった代表の方が「受信料は払いません。踏み倒します」と言ってました。
多くの市民は払っているのに…。
ルール・仕組みを変えたいからと言って現状のルールを破っていいわけではないと思います。
そんなことがまかり通れば法治国家で無くなってしまいます。

今後の国政はいったいどうなるのか・・・。
憲法や国防、教育、福祉、経済などよりNHKのスクランブル放送を優先させる党がキャスティングボートを握ってしまう事は恐ろしいことだと思います。

カテゴリー: 国政について パーマリンク