旧秋元小学校の複合化案。

15日にコロナウイルス感染防止対策をした上で議会全員協議会が開催されました。
そこで旧秋元小学校の複合化案が公表・説明がありました。

君津市ホームページ、議会全員協議会への報告案件はこちら

秋元小学校の校舎を使い、清和公民館と清和保育園と清和行政センターを複合化するというものです。
私は秋元小を使った公共施設の複合化には賛成です。
人口減少の進む地域では公共施設をなるべく複合化し、人が集まるような仕組みを作る必要があります。

個人的に気になる点は施設を複合化するにあたり改修が必要な期間は2年間。
その間、清和保育園の園児を小糸保育園で合同保育するという点です。
現在の清和保育園の園児は定員50名に対して13名、2年間小糸保育園と合同保育した後に清和保育園が開園しても10名を切ってしまうのではないかと心配です。
他にも方法がないのか、調査をしていきたいと思います。

この旧秋元小学校の複合化については6月上旬に説明会が行われると思います。
また、君津市保育環境整備計画(素案)にも盛り込まれており、6月4日から1か月間、市民の意見公募を行います。

須永和良 について

君津市議会議員 45歳 東海大学卒 群馬県伊勢崎市生まれ 
カテゴリー: 03.市民対話, 21.活動報告, 31.防災, 38.行財政, 51.公共施設マネジメント, 60.教育, 61.学校再編, 65.子育て・保育, 保育・子育て パーマリンク