報告会へのご参加、ありがとうございました。

報告会に来ていただいた皆様、本当にありがとうございました。
下田議員との合同報告会ではすべての席が埋まり、せまい思いをさせてすいませんでした。
次回はもう少し広い会場で行います。

さて、国政では元スピード(アイドルグループ)の今井絵理子さんが立候補を表明したという事で話題になっています。
今井絵理子さん夏の参院選出馬

現状の制度では、比例の全国区で当選するには圧倒的な知名度か、巨大な組織が必要です。
タレント議員が稼いだ政党票で得票率が上の方の人から当選します。

100人に1人しか投票しないような人であっても、3000万人に知名度がある人なら30万票入って当選します。
どんなに能力が高く、優秀であっても知名度も無く、全国的に選挙運動できるだけの組織とお金が無い人は受かりません。
きっと野々村元議員が通称名「号泣県議」で立候補すれば当選するでしょう。

参議院の必要性、ここから根本的に考えていく必要があるかもしれません。

カテゴリー: チラシ・広報物, 情報公開 パーマリンク