君津高校と上総高校の統合。教育委員会会議は通ったらしい。

本日、千葉県の教育委員会会議がおこなわれ君津高校と上総高校の統合が決定したそうです。
(県議会で議案を否決という可能性はゼロではありませんが…。)

過去のブログを読んでいただければわかりますが、この統合は筋が通っていません。
単独で継続できなくなるであろう上総高校と君津青葉高校の統合が合理的です。
ちなみに今年度の志願者倍率では、下記のようになっています。

上総高校
前期 普通科 定員48人 志願者45人 0.94倍
   園芸課 定員28人 志願者19人 0.68倍
後期 普通科 定員42人 志願者14人 0.33倍
   園芸課 定員23人 志願者 2人 0.09倍

君津青葉高校
前期 総合科 定員128人 志願者92人 0.72倍
後期 総合科 定員 71人 志願者32人 0.45倍

君津青葉高校が統合の対象となるのも時間の問題のように思えます。
君津高校は定員が多いうえに前期で1.89、後期で1.23の倍率があります。
県教委の真意はどこに・・・。
 

須永和良 について

44歳 君津市議会議員
カテゴリー: 23.県政, 61.学校再編, 教育・PTAについて パーマリンク