活動報告をつくりました。

いつもブログを読んでいただいている皆様、ありがとうございます。
活動報告が明日3日の新聞に折り込まれます。
ブログ読者の皆様には一足先に公開します。

公式サイトから過去の活動報告もあわせてPDFで読むことが出来ます。
すなが和良後援会公式サイトはこちら

私は過去の広報物やブログ・議会質問などで様々なデータを紹介してきました。
近隣市への転出数、犯罪発生率、職員数、産廃処分場への搬入量、全国・県内・近隣市のデータなどなど、公開されているものを調べて集めてきたものなので他の人が使うのも大いに結構です。
中には文章までそっくりに使う人もいますが、情報が市民に広く伝わるのでまあいいです。
使う際は一言言ってほしいですが。。
ただデザインをそっくりパクられると私の問題ではなくデザイン会社の問題となるのでやめた方がいいと思います。

さて、今回の活動報告には地価公示価格の増減率のデータが載せてあります。
紙面の都合で4年分しか載せられませんでしたが平成24年までさかのぼっても君津市が上昇率県内1位でした。
一方で人口減少数県内ワースト5位に入ってくるのは平成27年度からです。
この二点から予想されるのは、最初の内は土地が売れていて人口減少はそれほどでもなかったが、売れる住宅地が少なくなってきたことで価格がさらに上昇、人口減小がすすんだ。ということです。

これを裏付けするには君津市の住宅着工数のデータと人口減少数のデータ・地価公示価格のデータを折れ線グラフにして比較すればわかりやすいのだと思います。
この辺は千葉県の建築着工統計から調べていけばいいのでしょうが、やり切りませんでした。。
※宅地開発の必要性については2年前の平成29年6月議会での一般質問が分かりやすかと思います。
平成29年6月議会の一般質問動画はこちらから。

このようなデータを毎年集め、推移を分析し、施策につなげるという部署が市の中にあればよいのですが、現状では一般質問で聞かれる時だけ集計するという状況のようです。
数年で移動せず、継続して取り組む専門の担当者が必要かもしれませんね。

さて、文章ばっかりの活動報告ですが少しでも読んでいただけたら幸いです。
私の顔と名前を売るための活動報告ではありません。
問題点を知ってもらいたい、施策の提言を聞いてもらいたいという思いです。
中身を読んで、「こんな考え方があるんだー」とか少しでも感じてくれたらありがたいです。

※議会報告会をします。
7月21日(日)午後2時から4時ごろ 生涯学習交流センター 202室
7月24日(水)午後6時から8時ごろ 生涯学習交流センター 301室
どなたでもお気軽にご参加ください。
立候補予定者の方も歓迎します。
途中参加・途中退室自由です。

カテゴリー: チラシ・広報物, 議会・議員のこと パーマリンク