台風15号による農林水産関係被害への支援制度説明会について

前回ブログで紹介した説明会は入りきらないほどの参加者だったそうです。

10月28日月曜日、10時から、かずさアカデミアホールで千葉県の支援制度の説明会があります。
農林業関係向け説明会の主な内容は、
・農業用ビニールハウス、ガラス温室、畜舎等の再建、修繕等への支援について
・集出荷施設や乾燥調製施設などの共同利用施設の再建、修繕等への支援について
・被災した畜産農家の経営継続のための家畜導入への支援について
・経営再建に向けた金融や労務などの専門家相談の実施について
です。
詳細はこちら。台風第15号による農林水産関係被害への支援制度説明会について

説明会が君津地域で一か所って・・・。(安房地域も一か所)
県は復興を業務としてしかとらえてないからこのような雑な対応になるのだと思います。
被災者目線で考えれば最低でも各自治体で1回、君津なら2か所で開催してほしいところです。

国の支援制度か、県の支援制度化という事は被災者にとっては関係ありません。
自分にはどの制度が使えて、いくら出るのか。
そこが被災者の一番知りたいことです。
被災農家の個別相談の機会を作ることが必要だと思います。

他にも、タッチパネルで単純な質問に答えていくだけで自分の使える支援制度と金額がわかるシステムなどがあれば便利だと思います。
例えば
(例)被災したのはどこですか?、
A自宅、B農業用倉庫付き自宅、C農業用ビニールハウス
他にも坪数や必要事項に答えていくだけでどんな支援制度が使えるか、ある程度絞り込めると思います。提案していきたいと思います。

※国の支援制度「強い農業・担い手づくり総合支援交付金」は事前着工でもOKだそうです!すでに再建・修繕を始めている方でも使えます! (21日追記)

カテゴリー: 台風, 農業 パーマリンク