崩落が進む小糸川の土手。

昨日はすごい雷と雨でした。
まだ台風の爪痕が残る房総半島南部では不安な一夜を過ごした人も多かったと思います。

台風以降、何度も県にお願いしているのに動いてくれない案件が一つあります。
公開することで、少しでも動いてくれることを願ってブログで書いておきます。

千葉県が管理する小糸川の土手(貞元)です。
最初に市をつうじて県にお願いしたのは9月20日です。

台風後見回っている時に撮った写真です。
君津市建設部から県に情報を上げてもらいました。

その後も要望をしましたがなかなか進まず、大雨等もあり6月17日の時点では崩落が進んでいます。

このままでは崩落が進んでしまうと思い、再度県に要望しました。

しかしながら動いてくれず今日7月27日に見に行ったところ、さらに崩落していました。
修復にかかる費用が膨らんでいくだけでなく、すでに民地ギリギリまで来ています。

小糸川の土手ですので放置という選択肢はあり得ません。
千葉県さん、次の台風が来る前に何とかしてください。

カテゴリー: 台風 パーマリンク