各市町村も可能な限り見やすいデータ公開を。

前回ご紹介した君津市の新規感染者数と直近7日間移動平均を更新しました。

東京から波紋のように地方に広がっている事を考えると、君津市としては木更津市の動向も把握しておくべきだと思い、木更津市の新規感染者数と直近7日間移動平均を作ってみました。

(移動平均線は1月7日以降です)

高齢者施設でのクラスター発生もあり、一概に傾向を読み取ることはできません。
人口の少ない地方都市でデータから傾向を探るには広域に見ていく必要があると思います。
そこで君津市の新規感染者数と木更津市の新規感染者数を合計し、移動平均線を出してみました。

増加、とは言えませんが、まだ減少傾向ではないことはわかります。
テレビでやる東京都のグラフほど下がってはいません。 

私たちは毎日のように東京都のグラフを目にしますが、地方都市と傾向が同じではありません。
各市町村の様々なデータを市民に見やすいようにグラフ等で表し、啓発につなげていくことが必要だと思います。

※こんな時こそご利用ください!
令和3年2月の市民相談日程表

須永和良 について

44歳 君津市議会議員
カテゴリー: 29.コロナウイルス, 未分類 パーマリンク