メガソーラーは届け出が必要になります。

君津市議会のホームページから、12月議会での議案の内容、賛否の結果を見ることが出来ます。
平成30年第4回定例会の議案の処理結果はこちらから。
12月議会では「君津市景観条例」が可決されました。
この条例は来年の7月から施行されます。

この条例により、100㎡をこえる太陽光発電については届け出が義務となります。
兵庫県大津市のように許可制までしたいところですが、一歩前進といったところです。
また、市内の産業廃棄物処分場や残土処分場なども一定面積以上のものは届け出が義務となります。(第13条)

市内の産業廃棄物処分場については11月29日に市長が県へ申し入れを行っています。
その内容が君津市ホームページ「議会全員協議会への報告案件」というところに載っています。
議会全員協議会への報告案件はこちらから。
この問題は調べれば調べるほど県の対応は業者よりです。
森林法における事前協議と法定外公共物の許認可を同一に考えている点は市の顧問弁護士も厳しく指摘しています。
県に対し行政不服申し立てをしたいぐらいです。

ほかにも議会全員協議会への報告案件の中には、空き家条例や公民館の再整備計画など身近なものもたくさん含まれていますので、興味がある方はぜひご一読ください。

カテゴリー: 市からのお知らせ, 市内の産業廃棄物最終処分場 パーマリンク