一般質問動画が公開されました。

議会一般質問を傍聴に来てくれた皆様、ネットで見てくれた皆様、ありがとうございました。
君津市議会ホームページで動画を見ることが出来ます。
質問動画はこちらから。

産業廃棄物処分場に関する質問は、停電中の水処理について市に確認をしてもらったものです。
10月22日のブログ記事で私が独自に計算をした内容を書きました。
10月22日のブログ「汚染水処理、停電で8日間稼働せず」

市から事業者に調整槽の容量を聞き取ってもらい、市が計算し検証しました。
結果として、
停電前の調整槽の容量=12000立方メートル
総雨量300ミリ
計算上の最大浸出水9000立方メートル
という事で貯留可能という答弁でした。

本来は許認可をおこなう県が責任を持ってこのような計算をして、市民に公表すべきです。
非常用電源の設置についても、県から事業者に口頭で指導したのみという事が分かりました。
県は許可を出すだけで指導監督が不十分です。
最大のリスクを背負っているのは君津市民です。

県はもう少し誠実に市と向き合ってほしいものです。

カテゴリー: 市内の産業廃棄物最終処分場 パーマリンク