庁舎の雨漏り。

前回ブログの続きです。

↓庁舎の雨漏り。
石膏ボードがふやけて落ちているところがたくさんあります。
下の資料が濡れてしまうのでビニールをかけています。




すごい職場環境。

建築関係の資料等を読んでいたら、雨漏りの進入場所をふさがずにクラック(ひび)等をふさぐと中のコンクリートの含水率があがりコンクリートの劣化を早め、耐用年数が短くなるという論文を見つけました。
東西のみを塗り替えた庁舎はまさにこの状態では‥‥。

カテゴリー: 庁舎等の再整備 パーマリンク